ギックリ腰をおこした方(38歳男性)

。発症から来院までのいきさつ

   夜ソファーに腰かけていて立ち上がろうとしたらギクッとして動けなくなる。救急で病院に行き痛み止めの注射を打ち、コルセットをもらい帰宅~翌朝痛み止めは少し効いたものの痛みが強く寝返りもままならない為奥様の肩につかまりながら来院。

。問診、検査したら

   前屈後屈はもちろん上向き臥位もできず下肢も上がらず、かろうじて横になりエビのようになる動きだけ可能でした。いろいろと触診、打診、可動性検査をし、椎間関節の異常による急性腰痛だと判断しました。

。だからこの様に施術しました

   なんとかベッドにまたいで頂き脊椎関節の硬くなっているところを首から骨盤まで検査そして可動性をつけるように施術し、直接痛みの強いところは触らずに周りの緊張している部分をゆるめました。

。このように症状が変わりました

   施術したその日はまだ辛かったですが翌日は痛みが半減して、一人で来られました。昨日よりは動きは早くなり、脊椎の遊びの無くなった関節に可動性をつける事に重点をおき、翌々日には施術後会社に行かれました。デスクワークの為、少しでっ尻で座るように、長時間座りぱなしにならないように、そして立つときは腰を上げようとしないで頭から挙げる意識でいてくださいと。最初のうちは3日間来られなしたが、その後は週1回、一ヶ月ごには完治して予防と姿勢改善の為一ヶ月に一度来院しております。